2010年03月21日

抜歯により、流動食のみでまともに食事が出来ない。

image001.jpg


三日ほど前に、右の奥歯の挿し歯が取れてしまったので行きつけの歯医者に行った。
単純に抜けてしまった歯を入れてくれるものと思いきや、歯槽膿漏と隣の歯が酷い虫歯になっていることが発覚・・!
医者が言うには、この状態では抜歯せざるを得ないとの事。
しぶしぶ了承する。

しかし、その右の抜歯せざるを得ない箇所は、左の奥歯からブリッジにて被せており、右を抜歯すると言う事は結果的に左の奥歯のブリッジも役に立たない事になる。

実は、二十歳の時(今から約29年前)にバイクでの交通事故により、右の奥歯を中心に十数本損傷した影響により、右の前後は殆どまともな歯は存在しない現状がある。

さてさて、抜歯したらどうなるかと頭に浮かびつつ、医者の言うとおりに抜歯してしまった。

案の定、下の歯はかろうじて残った前歯のみ存在している現状で、右のブリッジの義歯は、見せ掛けのみで噛む際には役に立たないことになってしまった。

今は、まともな食事が出来ない。
昨日も外食ではあるが、お粥や卵焼きなどにてまかなった。
今朝は、柔らかいパンとヨーグルト。
先ほどの昼食は、カロリーメイトのリキッド(液体)と豆乳にて済ませている。

医者は、出来るだけ早くに作ると言ってくれているのだが、何時になることやら・・!
この状態で、10日も2週間もかかるようなら、どうにかなってしまいそうだ。


ラベル:虫歯
posted by petboy at 13:59| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。