2009年07月02日

人の死


福岡伸一という学者がいる。
肩書きは「分子生物学者」と言うなんだか難しそうな人だ。
そう、ご存知の人も多いかもしれない。
最近では、爆笑問題と対談したり「生物と無生物のあいだ」は、科学書としては異例のベストセラーとなっている話題の人だ。

丁度、iPhoneにて常用しているPodcastの「Tokyo Midtown Presen The Lifestyle MUSEUM」にてゲスト出演していたので、ちょっと聞き入ってしまった。

この福岡伸一と言う人は、「元来、男は女から生まれたもので、染色体を運ぶだけのもの・・。」などの考えを持ったちょっと変わった人^_^;だ。その考えは独特なもので、異論を唱える人が絶えないようだ。

ちょっと、上部に貼り付けた(アップした)音声を聞いて欲しい。
先ずは、インフルエンザの話。
ある意味で人災らしい。←これは、私もそうだと思う・・!

次の話は臓器移植について!
彼は、「動的平行観点から否定的だ。しかし、これは彼の立場(学者)から言って当然だろうと思われる。

そして、人の死について語られる。
人の死は、私の体を司る60兆個の細胞が全て終わる時が人の死らしい。
又、脳の死は必ずしも人の死とは言えないようだ。
では、人の死は何時判断するのだろう。
母親のお腹の中で生命が誕生する際に、脳は比較的遅く形成されるらしい。人の誕生が脳の誕生から始まり、脳の死=人の死となると人の死とか尊厳が損なわれてしまう事が将来的に起こってしまうようだ。
確かに人の生死の始まりと終わりの他に臓器移植があるわけで、逆説からいうと、その間にある私たちの生きている期間は短くなる訳だ。

なるほど、聞けば聞くほど学者的考えが広がっていく・・!
今夏にも新たな臓器移植法が展開されるようだが、未だ議論途中にも関わらず決まってしまう。
早く決まらなければ、移植を心待ちにしている人に不幸が訪れてしまうし、もっと将来を見据えてしっかりとした礎を築くとなると遅くなってしまうし難しい問題だ。


posted by petboy at 18:26| 熊本 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超可愛いチンチラ猫登場

CIMG3469.JPG
本日、家で生まれたペルシャ猫のチンチラを公開します。

一言、超可愛い・・!

それにしても、ペルシャ猫を代表される様な猫は、どうしてこんなに品格と言うか上品で大人しいのだろう?
特に、幼少の頃。

そっと手を差し出すと、やんわりと触ってくる。
どこかの猫の様に毛を逆立てて、威嚇する動作は一切なし。

詳しいところは以下のページを参照下さい。
http://petboy.net/cat/090511persia/male.html
http://petboy.net/cat/090511persia/female.html
posted by petboy at 16:00| 熊本 ☁| Comment(1) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

もう直ぐ出産!

CIMG3464.JPG
ミニチュア・ピンシャー(略称ミニピン)が、もう直ぐ出産だ。
一応予定日は7月14日だ。
名前は、ミダイと言うのだが今回が3回目の出産で、今まで全てに自然分娩で1頭づつ出産しているのだが、今回は3頭ほどは入っているかも・・!

このミダイ位の親メスだと、本来は帝王切開が多いかもしれないが、出来る事なら自然分娩で生ませたいと思う次第。
帝王切開で出産させると、どうしても親犬が子犬を上手く抱いておっぱいを与えないケースが多いように思う。

ご存知の方も居られるが、犬は出産後に親犬から排出される胎盤を食べる。このことにより親犬は出産したことを体で感じるし、母乳の出も促されるシステムがあるようだ。
帝王切開だと、当然出産後は暫く全身麻酔で寝かされているし、胎盤を食べる事も無い。中には、出産後に子犬を近づけると噛み殺す犬もいるが位だ。

ブルドックなど、始めから帝王切開でしか考えにくい犬種なら別だが、できるだけ自然分娩が良いと思う。
posted by petboy at 18:34| 熊本 ☔| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。